(根)抵当権抹消登記

不動産を取得した当時、融資を受けて抵当権の設定登記がされており、完済した場合には抵当権の効力は消滅しますが、登記自体は抹消登記をしなければ、自動的に消えることはありません。抹消登記をしない場合は、完済していても、売却したり、新たに担保権を設定したい場合、まず抹消登記をする必要があります。

抵当権抹消登記の関係書類は、完済時に渡されますが、抹消登記をせずに放置してしまったり、紛失してしまうこともよく見られます。そうすると、抹消登記自体は可能ですが、再発行により時間や費用が多くかかることがあります。

できるだけ早く抹消登記することをお勧めします。

〇費用(報酬+登録免許税等実費)
報酬:12000円~
登録免許税:不動産の個数×1000円
その他実費:登記簿謄本、登記記録

トップページへ戻る

関連ページ

神戸市東灘区 司法書士事務所/相続・遺言・不動産登記・商業登記・後見


PAGE TOP